2013年08月31日

おでかけカプセルプラレール

2歳の息子と一緒にはまっているのが、
「カプセルプラレール」
なのですが、
彼は、トーマスのカプセルプラレールが大好きです。
そして、ちゃんと
「がちゃがちゃ」と言う言葉も覚えて、
スーパーやおもちゃ屋さんで見つけるといつも
「がちゃがちゃ」と催促します。

基本は私は買えない、パパしかやらしてもらえない
ということを伝えているので、私と2人の時にはちゃんと
やらずに真剣に中身を見てがちゃがちゃとつぶやくだけですが・・・

そのカプセルプラレールの新しいトーマスシリーズ、
その紙についている応募券でおでかけカプセルプラレールという
バックを買うことができるそうです。
ただ、3000円ということであの小さいボックスに3000円かぁと
思うので悩むところです。でも、富士山のトンネルがついているのには
ちょっと興味があるのですが…。主婦はかなり悩みますね。


でも、ちゃんと車庫みたいになって車両が詰めるのが
かわいいです☆そして、開くとレールが書かれてあって、そこで遊べる。
なんと子ども心がわかっているのだろうとは思います☆

パパがどうするかを見守りつつ、私は買わないでおこーと思います。
でも、トーマスって本当に子どもたちに大人気ですねぇ。  


Posted by でんぴょー at 00:13Comments(0)

2013年08月02日

帰るべき場所

文化の違いとか何とかいう人もいるけど、これは文化の違いなんかじゃなくて、人柄の問題なんですよ。
多少、文化とかもあるかもしれないけど、そんなのどうでもいい。
もう人間性に欠けるとしか言えないもん。
自分が何かしているときに、何かお願い事されるとあからさまに嫌そうにするか、キレる。
そして、そんなときに犬が何かしようもんなら、首根っこ掴んで、おもいっきり床に投げ捨てたり、小屋の中に投げ入れたりする。これって、動物虐待ですよね?
子供が、ダディーってよって言っても、ほとんど聞こえる言葉は、「ダメ」「危ない」「静かにして」「ママのところ行って」「触っちゃダメ」
そんなんばっかり。こっちまで、本当笑えなくなりますよね。
私が、掃除・洗濯・料理してるときに別の部屋でパソコンしてたり、かと言って子供の面倒みるわけでもなく、上記の言葉が聞こえてくる、もしくは怒鳴ってる。
風呂に入れるわけでもない、子供の歯磨きしてあげるわけでもない、するのは自分の気が向いたときだけか、私が怒っているときくらい。
おむつ交換だってそう。
よくこんなんで一緒に今までやってこれたよね、さすがにもう無理だけど。
私には地元、帰りたい場所があるし、一緒に笑っていたい人たちがいるの。
その人たちや場所に居る時は、本当に心から幸せだった。
だから決意したの、こんな悪循環からは抜け出さなきゃ。本当に幸せにならなきゃって。
たとえこの先、ずっと一人になったとしても、それでも今よりは幸せだと思う。
自分のやりたい仕事をして、好きな人たちと暮らしたい。
何かを失うかもしれないけど、それは我慢する。
我慢しないといけないんだと思う。  


Posted by でんぴょー at 01:27Comments(0)